消防士面接試験で不合格。落とす基準とは?

消防官(消防士)をめざす人の面接対策 > 消防職員面接対策 > 消防士面接試験で不合格。落とす基準とは?

消防士面接試験で不合格。落とす基準とは?

 

・面接試験を受けて、手応えがあったのに、不合格だった人。

・はじめから面接官の対応が悪く、落ちることを実感した人。

・世間話で終わって不合格であった人。



いろいろな、理由で不合格になったことと思います。

 

 

ですが、面接試験での不合格、いわゆる落とす基準というものが存在するのでしょうか?

 

 

そもそも、試験で不合格になっても

なぜ、不合格なのかという理由は教えてくれません

全くその理由は公開されません

 

 

これが非常に問題なんです。

 

 

ですが、何らかの不合格となった理由があったことは間違いないことです。

 

 

そして、面接試験というものは、

採点をして合格者を選ぶというよりは、

 

減点項目になる理由を見つけ出し、不合格者を選別する作業である。という方が近いかもしれません。

 

 

そう。面接官は、面接で不合格にさせる理由、落とす理由も見つけているのです。

 

 

また、その評価は、数値として公式に則って採点されるのもではなく、

あくまでも面接官という人の感性によって、合否が決まることを忘れてはなりません。

 

 

実際は、面接官からの印象というものがかなり重要ということになります。

 

 

ですから、まず、面接試験で大切なことは、

 

面接官が好む容姿、姿勢、態度、対応、考え方を伝えるとい事が合格への道であるということを

覚えておいてください。

 

 

これは、非常に重要です。

 

 

 

面接試験官も消防職員です。

 

ならば、消防職員が好む容姿、姿勢、態度、対応、考え方は何か?と言うことを考えることが

面接試験対策の第一歩となるのです!!

 

 

まとめ

 

消防職員が好む、

容姿、姿勢、態度、対応、考え方ってなんだろうか?

 

と、考えてみてください。

 

 

ノートに自分を考えを書き出してみることをおすすめします。

 

関連記事

  1. 消防士面接試験は情報戦。後悔しないように行動しよう。
  2. 消防士面接試験にて実際に聞かれる内容を公開
  3. 消防職員として採用されるための第一印象を良くする7つのポイント
  4. 消防士面接試験での見た目を科学する
  5. 消防士面接試験、落ちる理由とは?